2024年6月22日土曜日

永久歯への生え変わりって 自然に任せれば良い?

 乳歯から永久歯への生え変わりは、

6歳ごろ以降

大まかな順番として  前歯から奥歯へと起こって行きます。



生え変わりの仕組みとしては、

①顎骨の中の永久歯の歯根が伸び、生える準備をする。

②顎骨の中で成長した永久歯が、先行乳歯の真下に向かってあがっていく。


③上がってきた永久歯により、先行乳歯の歯根が
吸収され、乳歯が脱落し永久歯が生えてくる。



この生え変わりが
①順調に進んでいく子 と
②年齢になっても中々生え変わらない子
 がいます。


それぞれ理由や要因は一つではなく、
・顎骨の発育
・永久歯歯胚の位置、成長度 と 成長方向
・姿勢、頭位
・咀嚼の仕方

等々が絡み合いながら、乳歯から永久歯への生え変わりの良し悪しが起こってきます。

①生え変わりが順調に進んでいく子 
生え変わりが順調だからと言って、発育や姿勢 等、全てが良いとは決して限りませんが、永久歯が順調に生えてきた、という点ではOKな訳です。

問題は②中々生え変わらない子 です。
一般的に歯科医院では、生え変わりが進んでない場合は、様子見になります。

しかし、当院では決して様子見ではなく、永久歯が可及的正常に先行乳歯の方向に生えて行けるように、顎骨内の永久歯のコントロールをして行きます(但し、当然ながら限界はあります)
例えば、乳歯を抜くタイミングを適切にする事も一つの方法です。

逆に中々脱落しない乳歯を放置しすぎると、
・永久歯歯根の成長異常
・永久歯の方向異常
・永久歯胚の濾胞性歯嚢胞化 等、
状況がどんどん悪化の一途を辿る事も少なくありませんので、ご記憶しておいて下さい。


2024年5月17日金曜日

当院前院長 刑務所受刑者の歯科治療を3月で引退(新聞報道より)

 当院前院長の村田格一が名古屋刑務所豊橋刑務支所 において、

19年間のボランティア期間を含む37年間、 受刑者の歯科治療をしてきましたが、令和6年3月を持ってその責務から引退いたしました。

当院の仕事を遂行しながらの業務である事に加えて、かなりの治療が必要なケースが多く、大変な事の方が多かった様ですが、日の当たる場所にいない人達の役に立ちたい一心から、長きに亘り無給であっても続けてきたとの事です。


現院長の私としましても、同様に一人でも多くの方の役に立ちたいという志を胸に抱きながら、日々の責務を果たして参ります。





2024年4月11日木曜日

赤ちゃん 生後半年間の過ごし方


 頑張ってやっと産まれてきた赤ちゃん。

これからの我が子の正常な発育発達を願わない親はいないはずです。

しかし、正しい知識・情報に出逢わなかったり、出逢ったとしてもアンテナを張ってなかったりすると、赤ちゃんの何気ない生活習慣が 実は赤ちゃんに大きなダメージをもたらし、発育発達に対し大きな大きな悪影響を及ぼしてしまう事になります。

その内の一つをお伝えさせて頂きます。


生後、赤ちゃんは体に掛かる重力に逆らって、体をコントロールすることができない状態です。当然首もグラグラで、顔は正面を向けず、横を向いてしまいます。

それは骨格が全くできておらず、また重力に逆らって体を保持する抗重力筋も働いていない状態だからに他なりません。


その後赤ちゃんは、無軌道な動きを繰り返しながら(:ジェネラルムーブメント)、抗重力筋を育てていきます。


この時期は、赤ちゃんの一生にとって、大変重要な時期であり、授乳や、 アイコンタクトをしながらのスキンシップ、沐浴等、生活に必要な事以外は、必要以上に抱っこしたり、外に連れ出したりして欲しくない時期なのです。体がグラグラの時期に、能力を超えた体勢にしてしまう習慣が多いほど、確実に発育発達にダメージを与えてしまいます。

増してや、両親の買い物に生後半年に満たない赤ちゃんを連れて来られている風景をよく目にしますが、
・チャイルドシートに乗せて体を丸くしてしまい、
・加えて車の振動で首にダメージを与えたり、
・抱っこ紐で首を反らした状態を続けたり、
・首をグラグラさせながらの抱っこで買い物中 移動したり
といった習慣は厳に控えるべきであります。状況が許すならば、どなたか留守番をし、赤ちゃんはくれぐれも家にいさせてあげて下さい。

繰り返しになりますが、赤ちゃんは自由に動き、興味あるものに目を動かし、体を動かし手を伸ばし、等の繰り返しにより発育発達していくのです。

       


当然ながら、発育発達の程度により
・体幹がしっかり出来ており 健康的な呼吸 咀嚼が出来る子と、
・体幹が育っておらず  脱力してしまう子では
歯並びの成長も大きく変わり、1歳時には大きな差となっています。


この様な育児ポイントは中々聞く機会が無い様ですが、これから育児をされる方は気をつけて頂ける事を願っております。

しかしもし、既にその様な生活習慣をされていたお子様がお見えでしたら、是非当院までお越しください。お子様の状況をお伝えし、必要に応じて、リカバリーの方法をお伝えさせて頂きます。



 ※今回のブログの内容は 私の師匠である日本歯科大学名誉教授 丸茂義二先生のご指導に基づいております。今までの歯科界では明らかになっていなかった 又は触れられていなかった数多くの事実を 実際の症例から解明されております。


2024年3月8日金曜日

鳥山明さん 逝去

 鳥山明さん が3月1日に逝去されたとの事です。

残念です。

私たち親世代の幼少期から楽しませて頂きました。


2024年3月3日日曜日

男性ができる妊活 も沢山ある

男性の精子の質も妊活に(実は産まれる子供の健康にも)大きく影響します。子宝先生である野崎 利晃先生の投稿をシェアいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

精子の質を良くするためにすぐに始める妊活
~SUPER SPERM誕生のために~
精子の質は、年齢に相関するとは限りません。しかし精液所見と質には明確な相関がみられます。よって、精液所見を改善することは精子の質を良くすることにつながります。しかし、年齢と共に男性の妊娠力が低下していることは確かです。つまり年齢と共に精液所見が悪くなっているという事が言えます。奥様ばかり原因探しをしていませんか?もしかしたら?と思ったときはすでに遅いですね。不妊専門クリニックを受診する場合はご夫婦での受診を強くお勧めします。



男性が出来る妊活を以下にまとめましたので参考にしてください。
【1】禁煙 喫煙が身体に悪いことは自覚されていると思います。もちろん精子にも影響するのです。産まれてくる子供のためにも、禁煙してください。※精子のDNA損傷が起こると受胎能力だけではなく、流産リスク上昇!将来の子供の病気に影響します。
The combined OR of 2.48 (95% CI 1.52, 4.04, P < 0.0001) indicates that sperm DNA damage is predictive of pregnancy loss after IVF and ICSI. Nature 432, 48-52 (4 November 2004) Sperm DNA damage is associated with an increased risk of pregnancy loss after IVF and ICSI: systematic review and meta-analysis

【2】毎日の運動 運動を積極的にしている人の精子が1億/mlだったとき、積極的に運動していない人の精子は5780万/mlであり、テレビを一切見ない人の精子が1億/mlだったとき、一週間に20時間以上見る人の精子は平均で5400万/mlだったということです。
【3】人工甘味料を止める 人工甘味料を一切やめたことで、精子数、運動率が改善し、最後のARTの時にAIHでも大丈夫ですねと言わた経験があります。そんなに改善しました。※http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/2334
【4】禁欲期間は短く 精子はおよそ72日かけて毎日出来ています。しかし、3日間で老廃物になってしまいます。4日前の精子がいるところへ新しい出来立ての精子がうまれたとき、新しい精子にとって古い精子はストレスになります。毎日射精してもよいですが、私はカウンセリングにおいて1週間に2回以上の夫婦生活をお話しします。
【5】ビタミンC,Eを積極的に摂取 生野菜を積極的に摂取してください。酸化度は受胎能力に影響します。
【6】トランクスを履く 何故睾丸が体の外に出て、しかもシワがあるのか。精子というのは非常に熱ストレスに弱く、温めることで劣化してしまいます。もちろんサウナもやめて頂きますし、仕事柄睾丸に熱を持ちやすい方は冷やす努力をしてください。
【7】育毛剤を飲まない 育毛剤にはフィナステリドという男性ホルモンを抑制する成分が入っております。副作用として精子数の減少、EDのリスクが上がります。
その上で、性感染症の検査、精索静脈瘤の検査を行ってください。いつか子供が欲しいと思った瞬間に1から7を実行してください。射精精液中に精液が無い時は、男性不妊専門医に相談してください。

2024年1月28日日曜日

体温を高く保つという事

私たちの体が体内に侵入したウイルスや細菌と戦ったり、がん細胞を死滅させる必要がある時には、発熱が起こります。

発熱するというのは、とても大事な免疫反応であり、その結果咳や鼻水などにより、ウイルスや細菌の死骸を排出するのです。

しかし私たちは発熱すると すぐ解熱剤を服用したくなります。特に日本は当然の如く、風邪に対して薬を飲む国です。海外では薬など飲まずビタミン剤と休養により免疫を高めて、風邪を治します(これを書いている私自身もダメだと分かりつつ風邪症状だけを手っ取り早く抑える為に、薬を飲むこともあります。本来は薬で症状を抑えてもウイルスや細菌は死んではいないのです)。

解熱剤により血流を止め、発熱という免疫反応を薬で下げてしまったり、咳や鼻水などの症状を止めてしまう行為は、免疫活性を下げてしまうばかりか 重篤な副作用の可能性をもたらしてしまうという事なのです。

ですので、小児科では、子供の発熱をむやみに下げません。解熱剤は熱が39℃ 以上になったら飲ませるようにと指示があると思います。


平熱に関して言えば、36.5℃が 免疫がしっかり機能する健康体温なのですが、最近では平熱が35℃台と低い人も少なくない様です。

日常、冷たい飲み物をいつも飲んでいたり、糖分を多く摂取する習慣は体温を下げ、免疫を下げる結果に確実になりますので、

お勧めとしては日常よく歩き、三度の健康的な食事をしっかり食べ、夏でも常温以下の飲み物を習慣的に飲まない事です。  

ちなみに冷たいものをよく飲まれる方に口内炎ができやすいのも、胃腸を冷やし免疫が落ちている証拠なのです。




2023年12月22日金曜日

患者様の嬉しい ”気は心”

 先日、小学生の女の子が、折り紙で私にと 作って来てくれました。

”気は心”です。嬉しいですね(^ ^)。